Monster High 脚と股関節のリペア

本 前回までのあらすじ
股関節脱臼で手術を受けた恋人Deuceが死亡し、悲嘆に暮れるCleoであった

cleo18.jpg
C:「ああっ目を覚ましてDeuce! …って目開けてんだかどうかもわかんないわ! おおお…(「王家の紋章」泣き)」


cleo20.jpg
謎:「ふふふ…お困りのようですね」
C:「だ、誰!?」


cleo21.jpg
BM(ブラックみかん):「通りすがりの無免許医ですがね… 治してほしいなら一千万円いただきましょうか」
C:「何ですって!」


cleo22.jpg
C:「彼を治せるっていうの?? いくらでも払うわ! 1億ジンバブエドルだっていいわ! ついでにNeferaの命もあげるわ!! さあ早く!!」
BM:「お、お姉さんはいらない…し、1億ジンバブエドルじゃ全然足りないんですけど…」
C:「さっさと治しなさいよ! 呪い殺されたいの!?」
BM:「アッチョンブリケ」

以下、結構エグい絵ヅラを含むので注意

リペア方法はこちらの動画を参考にしますた↓





そもそも股関節脱臼ってのがどういうことかというと

repair02.jpg

何がキッカケかわかんないけど、ある日突然お股に亀裂が入ったのよね

repair01.jpg

股関節の部分に穴の開いたシリコンゴム?のパーツが埋め込まれてるのはいいとして、シリコンの下の部分は元々割れているのか、それとも先にこっちが劣化して股関節のプラパーツごと割れたのかよくわからず

子供の頃に上半身だけでスケボーで移動する障害児の映画があった気がするんだけど、スケボーも無いし、さらに胴体を切断しなきゃいけないので、Deuceに彼のような生き方をさせるのは断念しつつ

とりあえず脚のリペアから

repair03.jpg
みごとなシシャモ足  造型としてはあまり好きではない アニメでもやたら尻とふくらはぎがムッチリしてるし


repair04.jpg
問題の部分 両脚を比較して見てもらえばわかるとおり、向かって左の脚はゴムを引っ掛ける部分の軸が欠損している


repair05.jpg
これが正常


repair06.jpg
軸が折れてぶっ飛んだ方の脚

要は軸の代わりとなるものを作ればいいので、前述の動画を参考にしてテグスを通すことに

repair07.jpg
ホームセンターで買って来たピンバイスとドリル刃 テグスはビーズ細工で使うので持ってた
動画では電動ドリルを使っていたけど、大きさ的にもさすがにそこまでは…、ということでピンバイスを使うことに
どっちにしろこんなもん使うの初めてなんですけど
動画では0.58mmのドリル刃を使っていたけど、ホームセンターにあった0.5mmと0.8mmを買ってみた 2本入りで万一折れても安心 
ピンバイスは1,200円くらい?で 刃は500円前後 細い方が高かった


repair08.jpg
脚の前後、A・B点に穴を開けて何かを通せばいいわけで、最初は真鍮線でも通して瞬着で留めようかな?とも考えたのだけど、その場合A-Bできっちり真っ直ぐに穴を開けないといけないのと、A・B点の脚の厚みがどれくらいかもわからないので、ゴムを引っ掛けて垂直方向に力が掛かると瞬着だけじゃ弱いんじゃなかろうか、ということで、見栄えを犠牲にしても大人しくテグスを通すことにしますた 

これ、男子だったからまだ救いがあったのかも ブーメランパンツでも履かせない限りは脱がせて撮ることもないからねw 女子は水着とかあるからちょっとね

とにかくピンバイスで穴を開けます

repair09.jpg
注射器みたいな形で、先端に刃を取り付けて、お尻の方のネジ?をクリクリ回して行くとドリル状に穴が開けられます
最初にジャンクなプラパーツで試したけどね 
ひとまず0.5mmので開けてみて、テグスを何回か通すには細すぎるんじゃないか?と思って0.8mmで開け直しますた まぁどっちにしろ1mm以下だからそんなには目立たない

裏側からも同様に穴を開けて(刃が短くて一気に貫通はできなかった)、テグスを通します
…でもよく考えたらこれも内側から通すのは至難の業だったのよね


repair10.jpg
とりあえず二重に通して始末したところ
反対側の穴から糸通しのように別のテグスを折り曲げて突っ込んで、そのループの中に通して引き抜いたけど、穴が小さすぎてそれも一回しかできなかった…
でもまぁ、テグス(=釣り糸)だし、丈夫だし、いいかなっと


repair11.jpg
内部で固結び 本当は脚の外側に結び目作るつもりだったけど、通し方の都合でできず 見栄えとしてはこの方がいいけど、強度的にどんなもんかなーと 何しろゴムで引っ張るからさ…
結び目だけ瞬着で補強してもよかったかも

で、ゴムを通します


repair12.jpg

最初は普通の平ゴムを通してたんだけど、伸びすぎてユルイのでもっと強度のあるゴムを使うことに
みかん色に意味はないけど ただ手持ちであっただけ

ちなみに下から上に通した方がやりやすい 脚の内部が空洞だから上から入れるとどんどん下に入り込んでしまうから どっちにしろリッパーか何かで引き抜かないといけないけど

repair13.jpg
ゴムの両方をそろえて股関節のシリコン穴に通します 股間の亀裂はあとで直すよ


repair14.jpg
反対側の脚にも同様にゴムを引っ掛けて通します
ここでゴムの端を下に出した方が後の処理がしやすいんだけど、通しにくいのでやむなく上から
それにしてもブリーフが恥ずかしい つるつるのがまだマシ…


repair15.jpg
ゴムの端を縫い止めます 結んでもいいんだけど、ゴムがゴツイので結び目が大きくなりすぎて脚の中に隠すにしてもモソモソするので てか前回の手術ではそれが敗因のひとつだった気もする
ゴムはできるだけ引っ張って留めた方がよいです ユルイと腰がフラフラ・カクカクするので
実際あとでもっかい引っ張ってやり直したし
縫い止めたら余分をカットして中に押し込んでおしまい

続いてお股の修復

repair16.jpg
プラスチック用のパテ
ほんの少ししか使わないのに600円以上もするのをわざわざ買うのをためらったんだけど、今後も何かあったら困るので思い切って買った ひっつき虫で代用しようかとも散々迷ったんだけど
もしかしたら模型屋とかの方が少量で安いのあったのかもなぁ


repair17.jpg  
カッターでちょびっと切り取って、色が均一になるまでこねる 小さすぎて指だとやりにくかった お箸みたいなのでツクツクやる方がよかったかも


repair18.jpg 
恥ずかしいショット再び
とにかく穴にパテを埋め込んで修復 こねてるうちに既にだいぶ乾いてたけど はみ出したら削ったりもできるけど、まず見せることもない場所だし適当でオッケーかなと

とりあえず以上で手術はおしまいヽ(´ー`)ノ


--------------------------

repair19.jpg
C:「あぁ…ラーの神様、彼をお助けください……。もう一緒にディナーに行っていちばん高いメニューを頼んだりしません… ブドウの皮も自分で剥きます… だから…だから… グスグス」


repair20.jpg
D:「Hey...」
C:「!」


repair21.jpg
D:「何を剥くって?」
C:「……ッ!!」


repair22.jpg
C:「Deuce!!!!!!!」
D:「ただいま」


repair24.jpg
C:「あぁDeuce…!! アナタ本当に…生き返ったのね!?」 
D:「うん、ミイラじゃないよ」


repair23.jpg
C:「本当にもう大丈夫なの…?」
D:「腰がまだちょっとフラフラするけどね。…てか、パジャマのまま待ってたの?」
C:「そうよ、かたつむりパックもしないで待ってたわ! メイクも涙でボロボロよ!!」
D:「…ごめんね」


repair25.jpg

リボン Happy End リボン

ヨカッタネ

てかどっちみち買ったコが来るんだけど、どうしようかね(;^ω^)


この記事へのコメント