Freaky Fusion【後編】

ff003.JPG

さて続き

一応今までのまとめも更新してみた
http://babyloni-ya.seesaa.net/article/377336117.html

SSまだやってなかったね… あれもさほど面白くはないから気が乗らなくて放置してた
まぁ近いうちにやります…



ff050.JPG

現代に戻ってくる途中でタイムマシンに異常が生じて、同時に飛び込んだ2人ずつがフュージョンした形で放り出された
Cleo+ToraleiのCleolei、Venus+ClawdeenのClawvenus、Lagoona+JinafireのLagoonafire、そしてDraculaura+RobeccaのDracubecca

性質的に正反対なモノをわざと組み合わせたんだろうけど、人格はどうなってるのかと思ってたら、二人の人格が一つのボディに同時に存在してる感じ いわゆる二重人格的な  
Holt/Jacksonはボディごと入れ替わるので、一つの人格出てる時はもう一つは休眠してる状況だけど、Fusionsは二つの人格が一つのボディを支配しようとせめぎ合ってる感じ 同時にしゃべることはないけど(口は1コしかないし)、主導権?を取れた方がその時のボディを動かしてるみたいな


ff051.JPG

例えばCleoとToraleiはお互いに言うことを聞かないので、ボディのコントロールが効かなくてしょっちゅう転がったりしてた 
他の3組は比較的折り合い付けてたけど、Clawdeenが鼻が利きすぎるのでVenusの能力で出した花の花粉とかを吸いこみまくってクシャミが止まらなかったり
Lagoonaは水の中でフーッと息を吐いたつもりがJinafireの能力で火を吐いてプールごと干上がらせたり
Dちゃん+Robeccaは身体能力が正反対なのでRobeccaのジェットブーツでの飛行にDちゃんのどんくささがついて行けないとか

これ、カレシ関係が絡んで来たらもっと面白くなったのに、とは思ったんだけど、割とあっさり元に戻っちゃったからなぁ
DeuceがCleoleiとイチャついたりすんのも微妙というか Toralei的には美味しいかもしらんけど、Cleo的にはたぶん許せないだろうし 「感覚」を共有することになるだろうから キスくらいはともかくそれ以上はキツイなーとかw


ff052.JPG

まぁともかく午後からはWhere先生に呼ばれて劇のリハーサルがあるということだったので、マッドサイエンスの授業でこんなんなっちゃいました、とか適当にごまかしてフュージョンしたボディのまま参加
…そこで深く追求しないWhere先生も先生だけど
途中からハイブリッドたちも何かやってるのに気づいて見学に


ff053.JPG

Bloodgood校長役のCleolei 
あまりと言えばひどすぎるw 実際リハーサルの様子を見てた校長はともかくナイトメアは不満げだったw


ff054.JPG

しかしながらフュージョンした状態でコトがスムーズに運ぶはずもなく、気づけばシッチャカメッチャカ
Venusの毒花(Jinafireの炎で変化した)に食べられそうになってるWhere先生
Cleoleiは相変わらず主導権争いで体が言うことを聞かない


ff055.JPG

あーりゃりゃ、と様子を見守るハイブリッズ
これ、Sirenaだけ呑気に3Dメガネとポップコーン持参で見てるのがポイント
で、フュージョンズが悪戦苦闘してるのを見て、元々二つのモンスター属性を持ってるハイブリッドたちが一肌脱いでやることにしたんだな


ff056.JPG

AveaとBonitaに「行けよ!」と背中を押されてFrankieの下にやってきたNeighthan
Frankieはフュージョンしてないけど、友達が大変なことになってるのをどうにかしてあげたいって気持ちを打ち明けて、ハイブリッズの力を借りることに

Neighthanがいうには、ハイブリッドたちもそれぞれの特性があって、うまく折り合い付けてる、と
例えばNeighthan自身はユニコーンの特性でヒーリング的な能力があるけど、ゾンビ属性のせいで不器用というかどんくさい面があったり
Aveaはたぶんケンタウロスの属性が強くて勝気で割り込んでくるタイプ Bonitaはjumpy、ビクビクしやすいというか神経質な感じ? 蛾人間の方かスケルトンの方かわからんけど
そしてマーメイド+ゴーストなSirenaはとにかく自由w ふわっふわしてて物事に集中できない、すぐ違うものに目が行っちゃう 

そういうハイブリッド特有の悩みみたいのが単一種族?のモンスターにはあまり理解されなかったみたいで、だからいつもハイブリッド同士でつるんでて他人とは距離を置いていて、どの学校でも馴染めなくて転校ばっかりしてたんだな
まぁ、これは、現実でも民族人種の混じったタイプとかはそのどちらにも属せなくて孤立するってパターンがあるからね USだと特にそうなんでしょう

元々「誰にでも欠点はあって、それをお互いに認めながら、補いながら共存しましょう」ってのがMHのコンセプトというかテーマでもあるので、そこを上手く絡めて来たなぁと
この長編「Freaky Fusion」の本筋としてはこのあたりでしょう まさかそこにFrankie出生の秘密とジジィ萌えが絡んでくるとは予想だにしなかったんだけどw


ff057.JPG

地下の作業室ではGhouliaが壊れたタイムマシンというかテレポーターを直してた
結局この機械を動かさないことにはフュージョンが解けないだろうということで
またいつもの便利屋状態ではあるんだけど… でもこの溶接マスクは可愛いでしょ

そんでどうにか直ったっぽいので、休憩しに行ったん部屋を出たら、ずっと時空の間に挟まれてたSparkyが出てきた


ff058.JPG

見た目も少し変化してる これは時空を超えた際の副作用なのか、フュージョンするほどマシンが壊れてた間に閉じ込められてたせいなのかわからんけど


ff059.JPG

そこにあったGhouliaのiCoffinを科学者の探求心でいじってたら自分の顔が撮れていて、感激するSparky
200年前は普通のメガネだったけど、現代に来てからは三角の片眼鏡で、髪型も変わってる 逆立って、白いメッシュが入るようになった
自分の置かれてる状況を理解して、GhouliaのノートPCも持ち去って今度こそ人造人間を作ってみせるぞ!とどっかに消えてしまう


ff060.JPG

ドリンク買って戻ってきたGhouliaは、iCoffinや台の上にあった肝心のタイムマシンだった装置(レンズみたいの)が無くなってることに気づく
背後で作業室の扉が閉まる音がして、扉が開くのは例の時計みたいな機械が12時を指す時、つまり一時間後なので、しばらく閉じ込められることに


ff061.JPG

その間、フュージョンズはハイブリッドたちの手ほどき?を受けることに
↑はCleoleiがNeighthanのセラピーを受けているところw よく話し合って…とかアドバイス CleoとToraleiはどっちも我が強いので、会話にはなってないけど常に言い合いはしまくってるんだよね
他にもClawvenusがBonitaにヨガとか瞑想みたいのを伝授されたり、DracubeccaがAveaから体力的なコーチを受けたり、LagoonafireはSirenaについてプールでトレーニングしたり


ff062.JPG

どうにかコントロールできるようになって、くつろぐ皆
Clawdeenはこの状況を逆手に取ってフュージョンしたファッションを考えたり
これがFusion-inspiredなドールのデザイン なので実際ムービー本編には一切絡んでこない ScarahやOperettaなんてモブでも出てないし

フュージョンたちが落ち着いた一方で、Frankieは一人だけ部屋の外で悩んでた
そこにNeighthanもやってきてFrankieの話を聞いてあげる

うーん、彼はねー、本当に優しくて穏やかで、キャラとしては決して嫌いじゃないんだけど、ドールのデザインがどうしてもイヤ…… 服も色も髪形も(;´Д`)


ff063.JPG

Frankieの悩みはというと、爺さんの事ばかり考えてしまう、彼のことを何も知らないということは、自分自身が一体何者であるのかということもよくわからない、と
自分が「作られた命」であることについて、私は本当に「生きて」いるのか、ただのパーツの寄せ集めなんじゃないか、Steam先生の言っていた「スパーク」というものが本当に私の中にあるのか

これは結構哲学的なテーマというか、今までにないアプローチだったのでちょっと感心したよ
もちろんコドモ向けなんだけど、オトナでもちょっと考えてしまう感覚

Neighthanの肩に手を置いて見つめるように語るFrankieに、いつもの子供っぽさが無いとも思ったw


ff064.JPG

並んで話してる時に弾みで手を重ねたりw
どうしたんだFrankie…w てかこれまでJackson/Holtとフラグ立ててたのが何だったのかっていう
今回カレシ連中ほとんど絡んでないからなぁ… DeuceとGilが寸劇のリハーサルでゾンビ役で出てきたくらい


ff065.JPG

手を重ねてお互いに見つめ合った拍子にFrankieが火花を散らして、思いっきり感電するNeighthan
でも結局これが文字通り、Frankieの「スパーク」だから 感情の発露ね


ff066.JPG

扉が開くのを待ってる間、その辺のネジをカーラー代わりにしたりネイル塗って遊んでるGhoulia
時間が来たので外に飛び出してマシンは直ったけどレンズが盗まれたことをフュージョンズに知らせに行ったら、Clawdeen(Clawvenusだけど)にそのカールいいじゃん!とか褒められたり


ff067.JPG

その頃、地下のどこかでSparkyの実験が続いてた 稲妻のエネルギーを利用するあたりもお約束


ff069.JPG

材料をどうやって調達したのかは謎だけど…
「これでやっと、僕に家族ができるんだ!」とか叫びながら、


ff068.JPG

命を吹き込むスイッチ?を入れるSparky
もうこのルックスたまらんww ちょっとだけTM時代の小室みたいのww


ff070.JPG

ようやく完成した人造人間を前に、例のセリフ "It's alive!!!"(生きてる!!)を叫ぶSparky
そのあとで「…こんな叫んじゃって、実は生きてなかったらどうしよ…」とか呟いたり


ff071.JPG

でもどうにか動いたので、早速プログラミングだ!と
初めに教え込むのはやっぱり「家族」であること そのために作ったんだからね
Ghouliaのパソコンもいじって何か打ち込むけど、エラー出まくりで、そんでもゴリ押しでプログラミングして、「お前は、俺の家族だ! 俺は生命を作り出した!」とか叫んだり 

…Sparkyの一人称が定まってないけどあんま気にしないでください 英語だと「I」だけだからなぁ…


ff072.JPG

「よし、この感動的瞬間を永遠に記憶に残そう」とiCoffinで自撮りw
このセンスも好きだなぁ


ff073.JPG

しかしこの時のカメラのフラッシュが人造人間に異常をきたして、暴走してしまう


ff074.JPG

制御不能になって壁をぶち破ってどっかに行ってしまう人造くん
Sparkyは手を伸ばして叫ぶ


ff075.JPG

「行かないで! 俺のそばにいてくれ!!」って

うあああああっ やめてくれ………
歪んでるのはわかっていても、切ないわ


ff076.JPG

例の寸劇の本番が始まって、Frankieが冒頭のナレーションやってるところへ床をブチ壊して現れた人造くん
Sparkyも後を追ってやってくるのだけど、Frankieは彼がテレポートして来たことも知らなかったのでビックリ
「何故ここに居るの? アレを作るために来たの??」と


ff077.JPG

「<アレ>って、悪いモノみたいに言わないでくれ。ちょっとプログラミングを間違えただけだ」とか言い訳するSparky
…どこまでも庇ってるんだよねぇ


ff078.JPG

それをCleoleiが「面白いからFearbook(Facebook的なもの)に載せよーっと♪」と iCoffinを取り出して写真を撮ろうとしたらw、またそのフラッシュに反応して「かーぞーくー」とか叫びながら暴走する人造くん
「空っぽ、足りなーい」とか叫びながら、Cleoleiが取り込まれてしまったw どういう仕組みなのかよくわからんけどw 


ff079.JPG

舞台もメチャクチャにして、大切な友達まで閉じ込められて、Frankieが早くアイツを何とかして!シャットダウンさせて!とSparkyに迫るのだけど、「そんなことできない、家族なんだ」って
そしたらFrankieは「あなたの家族はもう居る、私たちがなる、その家族である私たちをアイツが脅かそうとしてるのよ」とか何とか
最初に会った時も言ってたけど、「モンスター・ハイが、あなたの家族なの」って 
そう言われてもたぶんこの時点ではSparkyもピンと来てない


ff080.JPG

メチャクチャになった会場を指して、「アレを作る時にこうなることは予想してなかったの?」と責めるFrankieに、「君にはわからないんだ」とスネるSparky

………(つД`) もうダメ本当に可愛い

その後「本当に家族だと思ってくれるのか?」と問うて、「欠点も含めて、モチロン」みたいな返答を得て、人造くんを止めることを決意する
ハイブリッドたちも協力してくれる この時もSirenaだけすぐヨソ見したりしてんだけど

この辺から、ムービー冒頭の追っかけられるシーンに繋がってる


ff081.JPG

他のフュージョンたちも人造くんに取り込まれながらも、どうにかして地下のSparkyの実験室?までおびきよせた 
Clawvenusのスタンド「ハーミット・パープル(隠者の紫)」(嘘)で縛りつけたあと、Clawvenusも取り込まれてこれで全員囚われの身に


ff082.JPG

助けて~

Sparkyの考えは、Recharge Chamberで人造くんよりさらに大きな電流を流してショートさせる、みたいな


ff083.JPG

てことでRecharge Chamberから


ff084.JPG

人造くんにコードをつないで最大出力
でも上手く行かなくて、エネルギー切れで終了


ff085.JPG

そこへ怒りのFrankieが「アタシの友達を、愛する人たちを、返して!」
電流バチバチ すっかりラムちゃん状態w


ff086.JPG

首のボルトを入れ替えるFrankie
こうすることでFrankieの体内の電流が逆流するのだ これは過去のWebisodesにもあったけど
設定を上手いこと使ってるなぁと感心したw


ff087.JPG

「しょせんただの電気じゃん」みたいに言うSparkyに、「違うよ、あれは彼女の感情なんだ。彼女の愛、彼女の生命力、彼女自身なんだ」と返すNeighthan
Sparkyも「あれこそが僕の作り出したものには無かった<スパーク>なのか」とやっと理解しつつ


ff088.JPG

そんでFrankieの首のボルトから人造くんに破壊エネルギーを送り込むと、フュージョンした子たちが次々とバラバラになって出てきた


ff089.JPG

残されたDracubeccaを助ける前に、縫い目がほつれそうになって死にかかるFrankie
最後の力を振り絞ってDraculauraとRobeccaも出てきて全員無事救出


ff090.JPG

ようやく人造くんを倒したけれど、同時にFrankieも自分の中の生命エネルギーを完全に使い果たして、ブッ倒れた


ff091.JPG

「僕のせいだ、先生の言うことも聞かず無謀なことをしてしまった」とか反省するSparkyに、息も絶え絶えに「諦めることはないわ、命は作リ出せる。私のお爺さん、Victor Frankensteinがかつてしたように」と答えるFrankie


ff092.JPG

「Victor Frankensteinは、僕の名前だ…」

まぁ、最初から見え見えの伏線ではあったのだけど、一応ここでネタばらし
Sparkyってのはただのニックネームだったのね

片眼鏡を外すと、Frankieと同じオッドアイ
…これはどういうことなのかよくわかんないんだけどw 過去でも両目ともグリーンだったし、もしかしたらイジメられるか何かで片方のレンズに何か細工してたのかもしれないけど

爺と孫の感動の対面を果たすも、Frankieは命尽きて目を閉じる 
まぁ先の読める展開ではあるけども…


ff093.JPG

Frankieが「死んだ」ことを嘆き悲しむトモダチ連中
Sparky改めVictorだけ手前でこっそり涙拭いてるけど

そんでFrankieを復活させるためにまたRecharge Chamberを使うことを思いついて、Ghouliaも賛同してくれて、皆に話すんだけど、はー?フザケてんの?みたいな反応で


ff094.JPG

Sparkyも思わず「フザケてなんかない! フザケてるのはあそこでこの会話すらまったく聞いてないあのコだけだ!!」とw
Sirena自由すぎるw 空気読めないとかいう次元を超えてるw

ほんでRecharge Chamberもさっきさんざ酷使してボロボロなので、皆でリメイクというか手直しすることになって、それが製品版のアレね


ff095.JPG

どうにか準備は出来たのでFrankieを配置
この時もNeighthanが姫ダッコして運ぶんだよねぇ…… 


ff096.JPG

「命を、再び、作り出すのだ!」と、さっそく作動させてリチャージ開始 この時も雷エネルギーを例のレンズ通して使ってるけども


ff097.JPG

でも、何も起きない…
失敗…?と嘆くSparkyの背後から聞こえる声
「まだ、何かが足りてないんだな」


ff098.JPG

Hexiciahがこのタイミングでテレポートしてきたのだった


ff099.JPG

「パパ!会いたかった!!!」
「おお我が娘よ、はじめまして、だな」
と父娘のご対面

「私の娘は完璧だ! 私は最高の仕事をしたんだな! …いや、これからするのか?」とかブツブツ言いながら
Victorにも「放課後、残るように言ったはずだ。200年の遅刻だぞ」とか
まぁこの辺はタイムトラベルものには定番のセリフではあるだろうけど


ff100.JPG

HexiciahはVictorを過去に連れ帰るために来た、と言うのだけれど、その前にこのコ(Frankie)を助けなくちゃいけないようだな、ってことで
V:「やってみたけど上手く行かなくて」
H:「私の言ったことを聞いてなかったのか? アタマで考えてるだけじゃダメなんだ」
V:「わかってます、スパークが必要だって。でもFrankieがそれを使い切ってしまった」
H:「使い切るなんてことは無い、全ての生き物の中に、それは、在る」
とか何とか

要するに皆の想いを一つに集めて~みたいな まぁ綺麗ごとではあるけども
そこで今回のFFリリースの中でWalmart限定で出る "Save Frankie"「Frankieを救え」シリーズが絡んでくるんだな
Ghouliaが全校生徒にメールの一斉送信?か何かして、皆でFrankieを助けるために祈って!!と呼びかけて


ff101.JPG

そのメッセージを受け取ったJacksonも「Frankieを救え!」と立ち上がり
……今回Neighthanに美味しいとこ全部持って行かれてるのに、健気すぎて泣けるわw


ff102.JPG

皆でFrankieのことを想いながら祈る
あの時Frankieは私にこんなことしてくれた、とかそれぞれの思い出を語りながら
もちろんVictorも自分の孫娘のために、祈る


ff103.JPG

その皆の元気玉みたいのを最後にまとめてFrankieに送る役目もNeighthanってあたりがもう……
これ…今後公式カプとして推したいのかな? SSん時のAndyもほったらかしなのに…… Frankieモテモテ地獄


ff104.JPG

皆のスパークを受け取るFrankie
実際のプレイセットはたぶんただの静電気なんだろうけど ドールの髪質も違うんかな?


ff105.JPG

で、復活

この前に少し間があって、スパークが消えて、Frankieも目を覚まさなくて、Victorが「また失敗…?」みたいにHexiciahのそばに行って縋るような目で見る場面があるのよ そこがねーーーーもうねーーーー 萌える
Hexiciahの父性に萌える 先生と生徒という関係ではあるけど、親子っぽくもあり、同じ道を目指すもの同士でもあり
Robeccaの日記に母親についての記述は無かったと思うんで、Hexiciah自身は独身なのかなぁと
Victorは「今度こそ、命を作り出したぞー!」とか感動してんだけど


ff106.JPG

先生と一緒に過去に戻る前に、Frankieに「ありがとう」と言うVictor
Frankieは「ね、命は作れるって、言ったとおりでしょ」とか返すんだけど、「そのことじゃなくて、僕が一人じゃないってこと、家族を持てるってことを教えてくれた」って

ううっ……よかったなぁ爺さん……


ff107.JPG

ぎこちなく孫を抱きしめるVictor
Frankieも「元気でね」と じゃないと自分も生まれないしねw

そんで過去の二人は自分たちの世界に戻って行って、現実では200周年記念イベントの続き


ff108.JPG

「私たちの歴史は日々変わりながら続いてる。どんなモンスターでもひとつになれる。私たちが、モンスター・ハイ」
っていうFrankieのいつもの演説タイムね


ff109.JPG

Neighthanに「で…この学校には、しばらく居られそう?」とか聞いて、その返事は御覧の通りで
……完全にHolt/Jacksonの立場がない…… Frankie争奪戦ってのも白けるんだけど……



ff110.JPG

その後どうなったかっつーと、Clawdeenはフュージョンにインスパイアされた新しいファッションデザインを生み出して、


ff111.JPG

Frankieの祖先レポート用のアルバムもすっかり埋まって、


ff112.JPG

Ghouliaには新しい実験室が出来た


ff113.JPG

タイムトラベルもいろいろ試して部族な恰好で出てきたり

最後はGhouliaで〆でした

【終わり】


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★


まぁとにかくVictor萌えなんだよね今回ww
だってこんだけ見ててもFFのドールなりプレイセットなり、ちっとも欲しくならないんだものww
13Wのシャドウ・グールズといい、FCAのStone女史といい、どうしてこうもツボるキャラに限ってドールにならないのか…… どうかしてる

そんでずっと疑問だったFrankieの親関係についても、これで一応の決着がついたというか、Victorが爺さんだとするなら彼がFrankieの父親を作って、人造人間であるその彼がさらにFrankieを「作った」ということだよね じゃあやっぱりいわゆる「フランケンシュタインの怪物」がFrankieのパパ、ってことになるのか… パパに生殖機能は無いんだろうね… ということは当然母親が腹を痛めて産んだわけでもなく、そうなるとFrankieママも人間じゃないのかなぁ
人造人間が人造人間を作ることに関しては、FrankieがHoodudeを作ったっていう前例(なのか何なのか…)もあるので、確かにアリっちゃアリなんでしょう… Frankie自体は子供を作る能力があるのかどうかも謎だけど まぁ高校生設定だしそこまで考えてないか……

Victorの家族観は確かに歪んでる 普通に恋人作って家族にするとかいう発想に行かないところが終わってるw でも、少しわかる
私自身、ドールにハマってるのって、どんだけ愛しても文句言わない、絶対に裏切らない、ずっと私だけのもので居てくれる、って部分が大きいんじゃないかと最近思ってるからw 病んだ考えだとは思うけど
ものすごく入れ込む分ダメージもデカイから、「できれば」生身の人間にあんま深入りしたくないんだよねぇ 絶対に思い通りになんかならないわけだし どこまでも自己防衛w 「冷めてる」っていうのとは違う気がするんだけど…外から見るとそうなのかなぁ 

今回のドールが発表になった時点でハイブリッドとかフュージョンとかってアイディアにまったくもって思い入れが無かったので、ムービーもまさかこういう展開で来るとは思わなかったけど、ちょっと今までにないキャラへの掘り下げが見られて、よかったわ やっぱり自分のルーツを知るって大事なことなんかなぁ 
別にそこまで辿らなくても自分の祖父母世代くらいまでは把握していて当然だし、それがまったく「無い」ってなるとやっぱり足元グラグラした感じはするわな

気持ちがこもってないとダメってのは何に対してもそうだと思うので、メーカーにはまず手抜きばかりのリリースをどうにかしてほしいと思います…w てか今のリリース状況でよくこんなん言えたな、と思うもんw 
100%思い通りにはならなくても、気持ちすら伝えられないんじゃ永久にゼロだもんね …マイナスよりはゼロの方がいいのかなぁ わからん 自分でセーブしててもコントロール効かないことだってたくさんあるしね

とにかく今は「キャプ翼ワールドユース編」とイタリア編を読んだ上での心の傷を埋めたい…ww ツ、ツライ……



この記事へのコメント

  • ayu

    今回の長編はVictorがキャラやデザイン面でも魅力的すぎましたねw 自分はVictorの存在とFrankieの父親問題にやっと決着がついただけでもう満足しちゃいましたw FCAの時みたいに余計なサブプロットも無かったですしその点も良かったです。
    あと人造くんにCleoleiが捕まった時、Cleo:降ろしなさい!、Toralei:降ろしてニャー(;ω;)な対比が萌えましたw でもVenusにはもうちょっと台詞とか見せ場をあげて欲しかったです; 一応メインに絡んでくるのに空気すぎではないかと…。

    Frankieママについては確かHoodudeの日記に記述がありましたね。やっぱりFrankieパパがママを造ったらしくて、Stein夫妻はあんなに上手くいってるんだから僕らだって…みたいな事が書いてありました。(今確認)
    でも今回のFFに限ってはFrankieが“パパとママが”(祖父について)教えてくれなかったと言ってるんで、ママもVictorと面識がある可能性がある=二人同時に造られたって事かもしれないんですよね。Steam先生の授業でも夫婦セットをお披露目してますし、最後の写真でもやっぱり夫婦一緒w うーん、父親問題が解決されても新たな謎が…w

    Victorの家族観、あまり深く考えてなかったので、なるほどそういう所もひっくるめて「マッドサイエンティスト」なのかと思いました。その歪んだ家族観+生命の神秘軽視のコンボでFrankieパパとは結局上手くいかなくて、パパがVictorを良く思っていないのもそういう事かなと…。だとしたらそんなVictorに造られたStein氏が、同じように自分で家族を造って何も問題なく幸せそうなのはVictorが反面教師になったからかも、とか考えちゃいます。(ノД`)・゜・
    2014年10月18日 01:30
  • wacca

    >ayuさん

    コメント有難うございますー!
    ずっと気になってたFrankieの父親問題がまさかここへ来て触れられるとは思ってなくて、Frankie同様にルーツがわからずモヤモヤしていた気持ちが収まって、よかったですw

    Venus、確かに空気でしたね…ClawvenusはほとんどClawdeen主体でしたもんね… Venusはベーシック以外日記も無いのかな…?ノベライズ版だとRochelle+Robeccaと共に新入生トリオとして掘り下げられてても良さそうですが、他の二人に比べたらちょっとキャラが薄いですねぇ…。


    Frankieの両親についても、確かに! Victorがツガイで作った可能性はありますね…。Frankieパパが祖父Victorについてあまり話したがらないってあたりも、おっしゃる通り、Victorの個人的な問題というか、家族というものを欲するあまり自分の理想を押し付けすぎるとか、「俺が作ってやった」みたいなことをずっと言ってたんじゃないかって気もしますね。Frankieにそこが受け継がれてなさそうなのは素直に良かったな~と思いますし、Victorにとっても自分の作った(直接ではないですが)彼女に「会った」ことでセルフヒーリング的な意味合いもあったんじゃないかと…願望も込めてw 同じマッドサイエンティストにしても、Robeccaパパはその辺かなりマトモなので、やっぱり育ちの問題かなぁと…。
     
    Hoodudeの日記はFrankieに捨てられた未練が強くて読んでてツラかったですがw訳しがてら読み返してみないと…! Robeccaパパも死んだとはハッキリせずに行方不明でどーのこーのって話だったと思うので、もしかしたら今後ちょいちょい復活してもアリかもですねぇ。
    2014年10月18日 15:11
  • kit☆man

    waccaさん、

    今回は珍しくロベッカやフランキーの父や祖父とか、日記とかのアンダーグラウンド設定を生かした!?。内容で、ちょっと見応え有った様な気がします。

    ロベッカの製作担当パパのスチーム博士が一部サイボーグなのは兎も角、ガチムチキャラだったのが意外~!?。

    オッドアイや歯車義眼!?等、普通の血を分けた子供では無いから遺伝的形質は無い筈でしょうが、自分や息子の手(フランキーは孫娘になるけど)で造る事で似た部分が出来、それが身体的特徴としてDNAの代わりみたいな感じなのかなぁと…。

    フランキーのオッドアイも、フランキーパパにはその又パパに嫌いな所が有ったにしろ、やはりフランキーパパの祖父に対する無意識なオマージュみたいな気持ちの現れでしょうか…。

    まさかフランキーの目が実は、お爺ちゃんの目をそのまま使った物なんじゃってのは考え過ぎですかね!?。

    ユニコーンゾンビ君が意外にジャクソン差し置いて大役だったのが意外…。

    まこのシリーズでのデビューキャラの一人だから、フィーチャーされるのは当たり前だけど寄りによってコイツとは…。だってヤンチャ上がりの小さい居酒屋の若店長みたいで…!?。服のデザインもエグ過ぎて酷いし。

    どうもMHは着せ替え人形のスタイルよりキャラクタードールの方へ企画を移してる様なのが気になります。(多分そこら辺をEAHでフォローしようって魂胆かしら!?。)

    モンスターモチーフのデザインながら、着せ替え人形のスタイルを持ったドールシリーズって所に付加価値が有ったのに…。

    そうそうあのガーゴイル女流作家はチャーミングでしたよね!?。13Wのダークキャラ軍も。どうせならこういうのをショップ限定にすれば良いのに~!?。

    ここら辺のキャラってアニメスタッフのオリジナルデザイン何ですかね!?。

    自分達(マテルのMHドールデザインチーム)デザイン以外のキャラで話題になるのがムカつくんかいな…!?。

    ガーゴイル女史はいっそ自分でロシェルをカスタムして作ろうかとか思いました!?。
    2014年10月25日 23:57
  • wacca

    >kit☆manさん

    こんにちはー、お返事遅れてすみません(;´Д`)

    今回は意外にも期待を裏切る面白さでした…!キャラの掘り下げがあるとやっぱりそれだけ愛着も湧きますし…。Robeccaパパは私ももっと痩せ細った爺さんぽいキャラかと思ってたんですが、まさかのフレディでしたねw

    Frankieが爺さんの目を受け継いでたら面白いですね、冷凍保存か何かで!?(・∀・)
    Victorが200年前の世界に帰ってから何年後に息子夫婦を完成させたのかは謎ですが(彼自身は人間なので寿命もありますし…)、Frankieは一応生後15日(……もう3年は経ってるはずですが…w)なので、年代的には結構隔たりがありますね…

    Neighthanはキャラとしてはとてもイイ奴なんですが、今回ここまで目立ってくるとは私も思ってませんでした…ハイブリッド4匹の中でいちばんFrankieと絡めやすいのもあったとは思いますが…あとはデザイナーのお気に入りってのも関係あるのかどうか…!? ユニコーンのツノ生えてるのはイイと思うんですが、顔がゾンビ的に筋肉むき出しになってたり、血色悪すぎたり、あのホルモン服とか、ドールとしてはどーしても手が出しにくいんですよね……

    Stone女史はよかったですよねぇ…Neferaサイズのガーゴイル肌女子ボディでも出てればカスタムには完璧でしたね。せめてC-A-Mでそれっぽいの出してくれればよかったのに…
    エンドクレジットで「監修」みたいな形でドールのデザイナーの名前も挙がってるので、アニメオリジナルキャラのデザインにもある程度関わっててもおかしくはないなぁとは思ってますが…Scarisの時のGarrotはドール出ますしね。


    EAHもこれまで一切着せ替え服は出してないので、あっちもどっちかっていうとキャラドール売りかなぁと個人的には思います…キャラごとのモチーフがハッキリしてますし…。服単品だと利益としては薄いんだろうとは思いますが、でも遊びの幅としては狭いですよねぇ。「着せ替え人形」ジャンルそのものは不滅だとは思いますが、波としては今は低調ですかねぇ。
    2014年10月27日 17:27